PayPal sandboxで仮想ユーザーを作成する(売り手と買い手)

PayPal sandboxで仮想ユーザーを作成する(売り手と買い手)

1、こちらの手順でPayPal sandbox画面を表示します。

Sandbox のアカウントを管理するページを開くと、登録したメールアドレスの後ろに「-facilitator」と付いたものだけが存在しています。しかし、このアカウントは国が「US」のため、日本円JPY を扱うことができません。
そこで、右上の「Create Account」ボタンからアカウントを作ります。
2013-06-13_18h54_54

PayPal sandbox仮想ユーザーでテストを行うには、売り手(お店)と買い手(お客)の2つ作成する必要があります。


2、売り手の作成
下記図のように設定し、Create accountボタンを押して売り手を作成します。
売り手の作成

3、買い手の作成
下記図のように設定し、Create accountボタンを押して買い手を作成します。
サンドボックスで買い手の作成

4、仮想の売り手と買い手のPayPal sandboxアカウントが作成されました。
2013-06-14_18h35_39

仮想ユーザーのログイン情報を取得する

1、仮想ユーザーのログイン情報を取得します。
希望のメールアドレスをクリックします。
買い手ユーザーの場合TypeがPersonalを、売り手ユーザーの場合TypeがBusiness-Proであることを確認してください。
ログインしたいユーザーのProfileを押します。
2013-06-17_16h04_04

すると、ポップアップし、Account Detailsが開きます。
Email ID=仮想ユーザーのID
Password=仮想ユーザーのパスワード(リセットで自由に変更可能)
Account details

PayPal sandboxのユーザーでログインする方法

1、買い手ユーザーのIDとパスワードを用意します。
IDとパスワードを忘れた場合はこちらで再取得
仮想ユーザーのログイン情報を取得する


2、PayPal sandboxのログイン画面へアクセスしEmail IDとPasswordを利用しログインします。
下記どちらかでログイン可能です。

ログインアドレス1
https://www.sandbox.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_login-run&mmgr=yes

ログインアドレス2
https://www.sandbox.paypal.com/jp/cgi-bin/webscr?cmd=_account


その後は通常のPayPal画面と同じですので当マニュアルでは割愛いたします。
 
- Powerd by Be-CMS -